ご挨拶About Us

2020年に発足した野口・松尾研究室では、新材料・新デバイスを開発し「創エネ・省エネで革命をおこす」を目指しています。誘電体・強誘電体酸化物を中心としたセラミックス・単結晶・薄膜を対象に新機能の開拓に取り組み、次世代の電子デバイスやエネルギー変換デバイスへの展開を見据えた研究を行っています。電子がもつ機能を解き放つために、原子の配列や組み合わせを操ります。最先端薄膜製造装置を使って、原子を一個ずつ堆積させることにより、自然界にはない人工格子を創ります。また、結晶の中の微少量の欠陥を自在に操ることにより、欠陥由来の新機能を引き出す研究などを行っています。

目指すは、オンリーワンの研究成果です。日本初ではありません。世界のトップクラスでもありません。「世界初」です。目標は高いため、成果を得るにはハードルを超えなければなりません。苦労あっての成功を体験すると、自らの努力でなし得たという「達成感」を味わい、やがて「自信」が芽生えます。

「電子や原子」に興味がある、「世界最先端の研究」をやってみたい、苦労あっての成功体験を通して「自信」を持てるようになりたい学生さん、歓迎します。

研究室配属時での学力や英語力は不問です。研究室に入ってから、独自の基礎教育プログラムに取り組むことで、自然と素養が身につきます。一緒に「世界初の成果」を目指しましょう。

お知らせWhat's New

A paper on Pb-free ferroelectrics has been published in JJAP.
非鉛強誘電体に関する論文がJJAPに掲載されました。
野口教授が電気学会 電子回路技術委員会主催・第50回EMシンポジウムで招待講演を行いました。
Nanomaterialsに掲載された強誘電体超格子薄膜に関する論文がEditor’s Choice Articlesに選ばれました。
野口教授がセラミックス協会第34回秋季シンポジウムで招待講演を行いました。
野口教授が国際会議で招待講演を行いました:The 22nd American Conference on Crystal Growth and Epitaxy (ACCGE-22)。
松尾准教授が”第8回ときめきスーパープレゼンテーション”で強誘電体に関する講演を行いました。
強誘電体超格子薄膜に関する論文がNanomaterialsに掲載されました。
強誘電体光起電力効果に関する論文がJJAPに掲載されました。
誘電体・強誘電体に関する総説がJCERSJの’ SPECIAL ARTICLE’として掲載されました(Front Cover)。
松尾拓紀 准教授が着任しました。
野口教授が国際会議で招待講演を行いました。
(IEEE International Symposium on Applications of Ferroelectrics)
修士課程1年生 2名、学部4年生 6名が配属されました。
野口教授が国際会議で招待講演を行いました。
(The 5th International Conference on Smart Materials and Nanotechnology (SmartMat@2020))
野口教授が招待講演を行いました(日本セラミックス協会秋季シンポジウム)
野口研究室が発足しました。
野口教授が「東京大学工学部トピックス」で紹介されました。
新しいコンセプトの強誘電体光起電力に関する論文がNature Communicationsに掲載されました。

アクセスAccess

               

〒860-8555
熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39-1
熊本大学 黒髪南キャンパス 総合研究棟4階410室

アクセス情報:
https://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/access